冬の低身長男子のコーデには高身長に見せるコツがある!【パーソナルスタイリストが徹底解説】

低身長男子がおしゃれに見せるためには、高身長に見せるコーデをしよう!

昔、僕も身長が高くなく、スタイルが悪くて悩んでいました

僕自身、スタイルの悪さに悩んできました。

低身長。
身長に対して、肩幅とかがあるから余計に背が低く見えるんですよね。
脚が短い。
そのくせ脚が太いから、余計に短く見えるし、ズボンが似合わない。

でも、低身長男子のファッションのコツを知ってから、
自分の身長やスタイルをあまり悩まなくなりました。

実際、低身長男子はおしゃれに見せにくいし、モテにくい

実際、低身長男子ってコーディネートが難しい部分があります。

例えば、高身長の人と同じようにコーディネートしてもおしゃれに見えません。
普通にコーディネートしても、なかなかモテないし。

やっぱり低身長男子のコーディネートは難しい。

低身長男子のコーディネートは、身長を高く、スタイル良く見せればモテる

低身長男子のコーディネートにはコツがあります。
低身長に見えるとモテにくい、おしゃれに見えにくいのです。

ということは、身長を高く、スタイルがよく見せると良いのです。

とは言っても、
「そんな簡単に身長を高く見せられるなら、困ってないよ!」
という方が多いかと思います。

大丈夫です。
低身長男子が高身長に見せるコーディネートをするためには、コツがあるんです。

低身長男子は冬、身長を高く見せるコーディネートがしやすい

低身長に悩んでいる男子にとって、
中でも冬は有利な季節かもしれません。

冬は夏などの他の季節と比べて、コーディネートに色々なアイテムを使えるのです。

例えば、夏は暑いので、
重ね着をしたり、沢山のアイテムを使ったり、
ファッションで工夫するということが難しいのです。

「夏 メンズ コーデ」の画像検索結果"

それに比べて、
冬はコートを着たり、マフラーを使ったりと、
コーディネートの工夫がしやすい。

ということで、
冬に低身長男子が背を高く見せてモテるためのコツを紹介していきます。

冬のファッションで、低身長男子が背を高く見せてモテるためのテクニックを解説!

低身長男子が背を高く見せるためには、見る人の視点を上に持っていくべき

低身長男子が背を高く見せるためのテクニックは沢山あります。
中でも、真似しやすいのは視点を上に持っていくというテクニックです。

人間って背が高いものを見る時、
「見上げる」
じゃないですか。
要するに、人間が背が高いものを見る時、「視点をあげる」んです。

「見上げる イラスト」の画像検索結果"

だから、逆に人の視点を少しでも上げてあげると、背が高く見える。
低身長男子でも背が高く見せてあげることができる。

モテているかっこいい低身長男子って視点をあげるテクニックを使っている方が多いです。

それでは人の視点を上げてあげるためには具体的にどんなことができるか?ということを書いていきます。

冬はマフラー・ストール・スヌードなどで首元を目立たせてあげると、低身長男子も背を高く見せてあげることができる

まず、低身長男子が視点を上げて、背を高く見せるためのテクニックの中でも、
冬に代表的なものはマフラーなどを巻くことです。

首元という体の中でも高い位置に、
洋服や小物でワンポイントつけたり、ボリュームを出したりしてあげると、
そこが目立って視点が上がり、低身長がごまかせるのです。

特に鮮やかで目立つマフラーなどで首元を目立たせて
視点を上げてあげるというテクニックは有用です。

「差し色 マフラー メンズ」の画像検索結果"

色が鮮やかな巻き物は色合わせが大変だっていうのなら、
地味な色でも大丈夫です。
例えば、ブラックやネイビーのマフラーでも、
マフラーなどを巻かないより背を高く見せ、低身長をごまかすことができます。

ニューターム(nuterm) 2017-18年秋冬 メンズ コレクション - 写真14

重要なのは、首などの体の中でも高い位置にある場所をマフラーなどの巻き物で目立たせること。
首元にワンポイント印象を付けたり、ボリュームを出してあげることが重要なんです。
地味な色のマフラーでもしっかり視点をあげることができます。

【グッズ】リップダウンマフラー(TAION-201MT)

ですので、冬の低身長男子のコーディネートは、
マフラー・ストール・スヌードなどの巻き物を使ってあげて、
視点を上げて、背を高く見せましょう。

インナーにフーディーを使う、フードのついたコートを使うということでも、視線を上げて、背を高く見せることができる

他にも低身長男子が視線を上げて、背を高く見せるテクニックは沢山あります。
コートとインナーの使い方がコツなんです。

首回り、顔まわりにボリュームをつければ、
視線を上げることができて、
低身長男子でも背が高く見せることができると書きました。

そして、フードでも同じように、
首回りにボリュームを出すことができるのです。

例えば、コートのインナーにパーカーを使うという着こなしでも、
視線を上にあげて、低身長をごまかすことができます。

なぜならパーカーのフードの部分が首回りのアクセントとなって、
見る人の視線を上げることができるからです。

ですから、低身長男子はパーカーをインナーに使って、高身長に見せる着こなしはオススメです。
秋や春にも着回すことができるので、低身長の男子の方は是非1枚パーカーをお持ちになってください。

同様にフード付きのコートも、低身長男子にオススメです。

インナーにパーカーを使うのと同じように、
フード付きのコートでも視点を上げることができるのです。

ですから、インナーに使うパーカーと同じように、
フード付きコートも低身長男子にオススメなんです。

低身長男子のコーデに有用な、視点を上げて高身長に見せるのには、帽子も役に立つ

首元だけでなく、
視点を上げるには、さらに上の「頭」を装飾するのもいいです。

具体的に言うと、
帽子をかぶると言うこと。

帽子をかぶると、
頭という全身で一番高い位置を目立たせてあげられるわけです。
だから、視点が上がり、低身長をごまかせる。

冬の低身長男子にオススメなのは、
ニット帽です。

「kijima takayuki ニット帽」の画像検索結果"

ニット帽はそれほどボリュームがないので地味な色では頭を目立たせる力は弱いですが、
ハットなどの帽子を被っている時に出てしまう「気取っている感」が出ないので、
コーディネートに馴染みやすいのです。

さらに鮮やかな色のニット帽だとしっかりと視点を上げることができますし、
低身長男子にもオススメです。

まとめ・冬の低身長男子のコーディネートは、視点を上げて高身長に見せるのが、モテるコツ!

まとめると低身長男子が背を高く見せて、モテるファッションをするためには、
視線を上げるというテクニックが有用です。

具体的には、
首や頭などの身体の中でも高い位置を、
マフラーや帽子などで目立たせてあげる。

そうすれば視点を上げて、
低身長男子でも背を高く見せることができるんです。

特に冬はマフラーやニット帽を使えるので、
低身長男子にとって、そういうテクニックが使いやすく、
身長を高く見せるファッションがしやすい季節です。

是非、身長を高く見せてモテるコツを使ってみてください。

 ==============================

 

お読みいただきありがとうございました。
スタイリストのちゅーやと申します。

 

実は今、僕の電子書籍を期間限定で無料プレゼントしています。

 

あなたは、街を歩いていて、
「今の人、おしゃれだね。」
とすれ違った女の子に言われてみたいな、
とか思ったことはありませんか?

 

昔の僕は、そんな事ばかり考えていました笑

 

でも、理想と現実はまるで違い、
当時の私は好きな女の子の前で服装をイジられて恥ずかしくて悔しい思いをしたり、
とにかくおしゃれじゃない事がコンプレックスだったんです。

 

そんな僕があるきっかけでおしゃれになり、
今やスタイリストやブランドのアドバイザーをしています。

 

女の子に話しかけるのでさえ緊張していた僕が、
今や逆ナンパを受けるまでになったなんて、
自分自身、信じられないものがあります。

 

何故ここまで変われたか?
その秘密がこの無料の電子書籍に詰まっています。

 

もうお金も時間も無駄もしない。
つまらないファッションブログなんて読む必要もない。

 

想像してみてください。
「なんで、そんなに急におしゃれになったの?」
って友人たちに言われるあなたを。

 

「いつも〇〇さんって、いつも素敵ですよね。」
って褒められる日常を。

 

僕自身の実体験ですが、
どんなに今ダサくても、モテなくても
ぶっちゃけ全部、すぐに実現可能です。

 

全てを最短距離で実現するために、
まずは、この無料の電子書籍を読んでみませんか?

 

今すぐ無料で読む

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です