おしゃれになりたい男性のためのメンズファッションの教科書【おしゃれになるにはどうすればいいか保存版】

おしゃれになりたい!
この記事に辿りついてくれた方はそんな気持ちをもって、
読んでくれていると思います。

実はメンズファッション業界は、
おしゃれになりたいファッション初心者がおしゃれになる事が難しいという、
悲しい現状があります。

ですから、ファッション初心者がファッションを学ぶ際に知っておいてほしいコツを、
色選び、
シルエットづくり、
トレンドとの向き合い方という点でまとめました。

さらに、ファッション初心者の方が、
検索した時によく出てくるブログがあるのですが、
私はそのメディアで勉強することおすすめしない理由もまとめました。

Contents

雑誌もお店もおしゃれになれにないから、初心者向けにおしゃれを発信するこのブログを始めた

おしゃれになりたいファッション初心者が本当にオシャレになるための情報を発信したくて、このブログを始めた

本当にファッション雑誌で、
お店に行くことでおしゃれになれるなら、
ぶっちゃけ私はこのブログを始めていません。

実際、私もファッション初心者の時、
メンズファッション雑誌や服屋を頼りました。
でも、おしゃれになれなかった。

そんな苦い経験が裏に合るからこそ、
今このブログはおしゃれになりたい人が、
本当におしゃれになるための情報を書いています。

メンズファッション雑誌も服屋も結局、おしゃれになるための情報なんてくれない

本当に雑誌を読んで、お店に行っておしゃれになれるなら、
こんなに多くのおしゃれになりたくても、叶わないファッション初心者はいなくなってるはずです。

実際は、メンズファッション雑誌もお店もおしゃれになるための情報はくれません。

例えば、ファッション雑誌はまとまった体系的な情報なんてのってない。
モデルが着ているからかっこよく見えている様な服や、
プロのカメラマンが撮っているからかっこよく見えている様なコーディネートも載せていて、
素人が真似したら大事故みたいな写真ばかりのっています。

そもそも写真の羅列からおしゃれになる方法を学べる人は、
ファッションについて悩みませんよね。
その時点でファッション初心者は置き去りなわけです。

服屋は服を売りたいのであって、お客さんをおしゃれにしたいわけではない

服屋だって、これからおしゃれになりたいファッション初心者は置き去りです。

そもそも服屋だってビジネスです。
そのビジネスの目的は、
ファッション初心者をおしゃれにすることではなく、
服を売ることです。

もちろん店員さんには、
これだけ服を売らなくてはいけないというノルマがあるので仕方ないと思います。

ですが、ファッションについてきちんとした判断基準をこれから養うファッション初心者がお店に行って、
おしゃれになれなかったり、すぐ着れなくなる服を買わされてはいないか、
私は心配なんです。

だからこそ、このブログ、この記事を書いている

ファッション初心者がおしゃれになりたいと思っても、
おしゃれになれないまま、
メンズファッション業界に搾取されてしまっている現状があります。

ファッション初心者がおしゃれになる方法だと信じて、雑誌やお店を頼り、
でも雑誌やお店はおしゃれになるための情報をくれない。
でも、頼れる先はそこしかないから、
ずーっと雑誌やお店にお金を落とし続ける。
おしゃれになれないまま。

地獄じゃないですか。

だったら、パーソナルスタイリストの僕がおしゃれになれる情報を提供していこうと、
この記事、このブログを書いているわけです。

さて、話は本筋に戻りまして、
これから具体的におしゃれになるための考え方や訓練法を話していきましょう。

おしゃれになりたいならメンズファッションの色選びをマスターすべき

脱初心者のための色選びのルール

まず、重要なポイントの一つ。
色選び。

おしゃれになりたいと思う男性にとって避けては通れないポイントです。
メンズファッションの要点といっていいでしょう。

まず、難しい事は考えず、基本色を作りましょう。

ファッション初心者がおしゃれになるには、まずはコーディネートに使う色を減らそう

ファッション初心者は
「色を増やせばおしゃれになる、カラフルならおしゃれと勘違い」
してしまいがちです。

これ、実は違います。
色が少なくてもおしゃれに見せられる、
いや、色が少ない方がおしゃれになれることの方が多いです。

勿論、全身で一色だけというコーディネートというのは難しい。
例えば、全身黒だけだと、メリハリをつけないと、
全身タイツの様に見えてしまうリスクがあります。

ですが、ファッション初心者が色数の多いファッションをしようとすると、
十中八九、色が喧嘩したり、もっさりしたコーディネートに見えます。

これは料理で例えると、
料理初心者でも、卵かけごはんの様なシンプルな料理は美味しく作れますが、
いきなりビーフストロガノフのような、
素材数の多い料理に挑戦すると失敗してしまいやすいことに似ています。

ですから、ファッション初心者は全身で三色程度の、
色が少なすぎず多すぎずなコーディネートが一番おしゃれになりやすいのです。

初心者の場合は多くとも四色以内に収めましょう。

カラフルなコーディネートがしたくても、
まずはシンプルなコーディネートを確実におしゃれにみせることから始めましょう。

おしゃれに見せるためには、この色だけ使おう!

とりあえず、コーディネートに使う色は全体でこの色だけと、
決めてあげるとコーディネートが格段にうまくなるルールがあります。

それは
「モノトーン+紺と更に自分の好きな色を一色だけ使う」というルールです。

具体的に言うと、
白と黒やグレー、それに紺のアイテムです。

モノトーンは無彩色だから他の色と喧嘩しない

なぜならそれぞれの色が他の色にも合いやすいからです。

例えば、黒。

黒は無彩色です。(細かく言うと緑っぽい黒、インクの様な黒とあるのですが)
だから、色が無いので、他の色と喧嘩しずらいです。

だから、どの色にも良くマッチする。

この様に考えて、黒から明るさを変えただけの白やグレーも、
無彩色ですから他の色とマッチします。

紺はメンズファッションの基本色で、どの色ともマッチする

そして紺もメンズファッションの基本色です。
そして何よりおしゃれになりたいと思う男性に上手に使いこなしてほしい色でしょう。

メンズファッションの基本はスーツです。
そしてスーツの基本は紺のスーツなのです。
そして紺のスーツに様々な色のネクタイを合わせる。

だから紺は殆どの色とマッチする万能な色の一つです。

そして、このモノトーン+紺の中に一色、
以内で色を使うと決めてあげると、色合わせはうまくいくでしょう。

なぜなら、お互いに喧嘩してしまう色をつかって、
コーディネートに統一感が出ずに、ちぐはぐな色合わせとなり、
おしゃれになれないという現象が、
ファッション初心者の間でめちゃくちゃ起こっているからです。

だから、ダサくみえてしまう。

逆に、この「モノトーン+紺+一色」以内の色数でコーディネートをすると、
基本的には統一感が出ます

だから、おしゃれに見えやすい。
ファッション初心者で手持ちの服が少ないよという方は、
モノトーンと紺の服から集めていくことをお勧めいたします。

実際にこのルールを使っておしゃれに見せている例

このルールに則ったファッションは、
おしゃれな一般人だけでなく、
プロのスタイリストも提案しています。

例えばscyeというブランドのコレクション。

おしゃれになるために真似しやすいコーディネート例

上のコーディネートは全身で、
コートとパンツのグレーと、
Tシャツの白と、
靴の黒という色のみを使っています。

全身で三色、モノトーン。
「モノトーン+紺+一色」以内ですよね。

次はこういう発展的なコーディネート。

おしゃれになるために真似しやすいコーディネート例

大分明るい紺ですが(ファッション初心者や安いブランドでの買い物の場合、暗い紺の方が失敗しずらい)、
紺と赤とグレーという、
「モノトーン(グレー)+紺+一色(赤)」のコーディネートになっています。

上の二つのコーディネートは、
色数を絞ることで統一感が出ています。

それでは色が多くて、統一感がでていない、
おしゃれに見えずらいコーディネートってどのような物でしょうか?

おしゃれになれない複雑コーディネートおしゃれになれない複雑コーディネート

極端すぎるまでの例ですが、この様なコーディネートでしょう。
色数を使いすぎると、さすがにここまではいかなくても、
おしゃれにみえずらくなってしまう。

ですから、モノトーン+紺+一色を守ることで、
ファッション初心者にとって重要なのです。

逆に、こんなカラフルな服をきたいな、カラフルな服がかっこいいなと思っても、
ファッション初心者の内は立ち止った方がいいかもしれません。

まずはモノトーン+紺+1色、このルールを守ってください。

色合わせがうまくなると、おしゃれで格段に他の男を出し抜ける

色選びで人の印象が操作でき、格段におしゃれになれる

おしゃれになりたいなら、色合わせは特に注意を向けるべきポイントです。
それが上手になるだけで格段に他の男を出し抜けます。

なぜなら色合わせが上手になると肌の色を鮮やかにみせたり、
健康的に見せたりすることが出来るからです。

さらに、上手に色を利用することで、
女性からの印象を操作することが出来ます。

赤を着ると自信があるように見える、
青だと誠実そうに見える、といった風に。

奥の深い色合わせの世界は学べば学ぶほど、
相手の印象に訴えかけるコーディネートができるようになります。

だから、女性にもモテやすくなったり、信頼されやすくなれると。

先ほど述べた、「モノトーン+紺+一色」はあくまでも、おしゃれに見せるための一つの技法にすみません。
勿論、もっと沢山の色を合わせておしゃれに見せることはできます。
事実自分もよくします。

おしゃれになりたい男性は「モノトーン+紺+一色」からおしゃれになって、
慣れて着たら私の他の色合わせに関する記事で勉強してみてください。

昔の記事で地獄みたいによみずらいですが色合わせについて解説していますw

おしゃれになりたいメンズは体型の見せ方を学ぶべき

体型をきれいに見せる基本的な考え方

そしておしゃれになりたい方が、
最も気になるポイントかもしれません、
体型の見せ方。

「より体をきれいに見せたい!」
というのは、ファッションにおいて純粋な欲求かもしれません。

その体のきれいに見せ方というのも、基本的な考え方があります。

それは「シルエットにメリハリをつける。」「体の細い部分を見せる。」
と言ったものです。

本来はその基本的な考え方にのっとって、
様々な合わせ方に挑戦していくことが理想です。

ですが、それは基本的な考え方であって、
簡単に再現可能なコツではありません。
ファッション初心者が自分でその考え方にのっとって、
コーディネートするのは難しいと思います。

ですので、再現が簡単なコツを書いていきます。

3つのパターンでコーディネートを考える

それは、洋服を三つのパターンで合わせてあげるというものです。

それはIライン、Yライン、Aラインという物です。

基本的に、この3パターンに合わせてコーディネートをしてあげるだけでも、
おしゃれになることは可能です。

Iラインの合わせ方

Iラインのコーディネート、トレンド的には遅い

Iラインはこの様に、上下ともに細めの服を合わせるコーディネートです。
全体的にすっきりと見えます。

しかしIラインはトレンド的には古いコーディネート

しかし、このIライン、2019年現在のワイドシルエット全盛の時代には、
少々時代遅れに見えてしまいます。

さらにワイドシルエット、ゆったりとしたサイズ感の服が全盛の現在のトレンドで、
ファッション雑誌では上下少しゆったりとしたコーディネートもIラインとされる傾向にあります。
しかし、それは真似してもおしゃれに見えずらいコーディネートで、
ファッション初心者にはおすすめできません。

ですから、現在のトレンドにおいてはIラインのコーディネートは、
ファッション初心者の方は避けた方が無難です。

Yラインの合わせ方

そして、Yラインのコーディネート。

おしゃれになりやすいYラインおしゃれになりやすいYライン

Yラインとはこの様にトップスにボリュームを出し、
すっきりとしたボトムスを合わせるコーディネートです。

あえてファッション用語を使わずに説明すると、
上を大きく、又は太く、ボリュームを出して、
それに対して、下を小さく、または細く、ボリュームを抑えて、
コーディネートをしてあげる。

まるでアルファベットのYの字の様に。
Vと言っても、分かりやすいでしょうか。

そうすることで上が大きく、下が小さいという、
メリハリを出すのです。

例えば、左の画像ですと、ズボンにたいして、
めちゃくちゃニットがおおきいですよね。
そのため上が大きくて、下が小さいYラインが成立しています。

例えば、右の画像ですと、
ボリュームのあるロングコートとすっきりとしたパンツという組み合わせで、
Yラインを成立させています。
(体の下半分まで到達する長さのあるロングコートでも、下にすっきりとしたものを合わせることで、Yラインが成立します。下半分まで到達するアイテムでも、上半身に着用しているアイテムとして上にボリュームが出て、Yラインが成立していると考えていいです。)

Yラインはおなかが出ている人には嬉しい

Yラインはこの様に上半身にボリュームを出すコーディネートです。

ですので、おなかをゆったりと服で隠せるので、
おなかが出ていても、中年太りしていても目立たない
最高の合わせ方と言えるでしょう。

ですから、「最近おなかでちまったなぁ」という方は、
是非Yラインを取り入れてみてください。

Aラインの合わせ方

AラインはYラインとは逆です。

Aライン、下にボリュームAライン、下にボリューム

この様にAラインはトップスを細めに、ボトムスを太めに合わせます。

例のごとく、ファッション用語を使わずに説明すると、
下でかく、
上すっきりです。

左の画像ですと緩めのデニムに、すっきりとした半袖Tシャツを合わせて、
上ボリューム少な目、下ゆったりのAラインが成立しています。

右の画像ですと、ゆったりめのスラックスと、からだにぴったりとしたニットを合わせて、
Aラインが成立しています。

Aラインはふくらはぎが張っていたり、脚が太い人におすすめ

この様に太いパンツを履くコーディネートがAラインですので、
脚の形がきれいではない人におすすめです。

なぜなら、脚の形は太いズボンに覆われて、
全く見えないから。

スポーツをしていてふくらはぎが張っていたり、
脚の形にコンプレックスがある人におすすめのコーディネートです。

まずはIライン、Yライン、Aラインを真似するだけ

この3パターンが基本となってきますので、
頭の中に入れといてください。
今のトレンドだとYとAの2パターンですね。

このコーディネートのパターンを真似するだけでも十分シルエットをきれいに、
めりはりがあるように見せることが出来ます。

ただ、真似するだけでいいのです。
それだけでいいですから、楽ですよね。

ちなみに上下ともにゆったりしたコーディネートをおしゃれに見せることもできます。
ですがまずはYライン、Aラインの真似をして、シルエットを整える感覚を覚えて、勉強して、
さらにおしゃれになれる発展的なシルエットの整え方もゆくゆくは身に着けてください。

シルエットの整え方をおぼえると、さりげなくおしゃれになれる

わざとらしくなく体型をきれいに見せるテクニック

おしゃれになりたいという男性にとって、
シルエットの見せ方は超重要と言っても過言ではありません。

シルエットのきれいな見せ方は、
Iライン、Aライン、Yラインのなかでもテクニック的な部分で更に細かく分けることもでき、
それらに含まれないコーディネートも存在します。

ですが、とりあえずIライン、Aライン、Yラインを意識してコーディネートを組むことで、
自然に体型をきれいに見せることができます。

シークレットブーツを履くとか、
厚底を履くなどという不自然なことをせずに、
自然とおしゃれにみせられるのです。

更におしゃれになりたい人は僕のメルマガやブログで更に詳しく解説していたりするので、
余裕がある人は読んでみてください。

おしゃれになりたい男が陥るメンズファッションのトレンドというワナ

体型をきれいに見せること=おしゃれではない

で、体型の見せ方をおぼえると、
おしゃれになりたい多くの方が実際それを試したがります。

さらに、そのパターンを頭にいれてメンズファッション雑誌を見たり、
街行く人をみて、
Iライン、Yライン、Aラインに当てはめようとします。

で、それで気づくのが、それに当てはまらないコーディネートめちゃくちゃ多いぞ、と。

でも、実は頭に入れていてほしい事があります。

「体型を良く見せる事=おしゃれ」ではないという事です。

トレンドの変化でIラインでは体型をきれいに見せることはできても、おしゃれに見せることが難しい

確かにIライン、Yライン、Aラインは体型を良く見せることができて、
今のトレンドでもYラインとAラインは実際におしゃれに見せることが出来ます。

ですが、今のゆったりシルエット全盛の時代では、
Iラインでは体型はきれいに見せられても、おしゃれに見せずらい。

逆に、上下ゆったりとしたコーディネートでも、
今のゆったりシルエット全盛の時代でもおしゃれに見せることが出来ます。(前述したテクニック的要素なども関わってきますが。)

この、
体型をきれいに見せる=おしゃれ、
ではないという事を知ることも、
おしゃれになるために知ってほしいです。

これはファッションの重要な要素、
「トレンド」に関連してきます

おしゃれになりたいからこそ体型を良く見せたい気持ちが罠になる

トレンド、これはおしゃれになりたいファッション初心者が頭を悩ますポイントでしょう。

おしゃれになりたいファッション初心者が陥る罠が、
体型をよく見せる=おしゃれ
だと思ってしまうことです。

でも、ファッションってそれだけではないのです。

確かに体型を良く見せるに越したことはありません。
ですが、体型を良く見せたら、おしゃれになれるわけではない。

例えば、Iラインは体型を良く見せるというのは加点要素を持っていますが、
トレンド的に古いという大きなマイナス要素があり、
おしゃれにみせずらいのです。

体型を良く見せないでファッションがおしゃれになれる?

逆に、上下ゆったりのコーディネート。
それでも体型をきれいにみせるコツは存在しますが、
基本的に体型をきれいには見せずらい。

体の横の幅が広く見えるせいで、
身長が低く見えやすいのです。

でも、今ならおしゃれに見える。
いまのゆったりトレンド全盛の時代なら。

体型が良くみえずらいという欠点を超える、
トレンドに乗ったファッションであるという大きな加点要素があるのです。

トレンドの仕組みを、向き合い方を分かりやすく解説している記事です。

トレンドに翻弄されないためにトレンドを知る

メンズファッションにおけるトレンドの影響力

メンズファッションは一般的に言えば女性のファッションより、
トレンドによる影響は少ないと言われています。

しかし、確実にメンズファッションの世界でも、
トレンドの影響力というものは無視できません。

しかも、おしゃれになりたい男性にとっては、
なおさら無視できません。

Iラインがおしゃれに見えずらくなってしまったのはトレンドの変化による価値観の転換

先ほどの例にも述べているIラインシルエット。
数年前には主流のシルエットでした。
一番かっこいいと言ってもいい。

でも、それが今ではかっこよくない。
この価値観の転換がトレンドの影響力です。

価値観が変わるってめちゃくちゃ大きなことですよね。

だから、トレンドという物を意識しすぎる必要はありませんが、
全く知らないと、ファッションという物がよくわからなくなります。
トレンドに翻弄されてしまうのです。

トレンドに翻弄されないためにトレンドを知る

例えばトレンドを知らないと、
「え?Iライン?かっこいいはずでしょ?体型きれいに見えるし。」
「え?Iライン、古いの?」
とトレンドに翻弄されてしまいます。

だから、トレンドに乗る、トレンド100%のファッションをする必要はなくても、
トレンドを知って、トレンドに対する対処法をすることは必要です。

これについて細かく書いている記事が下に書いてあります。

この記事はトレンドにのったファッションとは何か?
なぜトレンドにのったファッションがかっこよく見えるか、
その理屈がかいてあります。

これまでをまとめると、
おしゃれになりたいと思う男性は、
トレンドに乗る必要はなくても、
トレンドを知ることが必要

このことを頭に入れておくといいと思います。

ですが、自発的にトレンドをちゃんと知ることは、
ファッション初心者にとってなかなか難しいでしょう。
そのため、私はメルマガやブログでトレンド情報を発信しています。

ファッション初心者は私のブログやメルマガだけ見れば十分でしょう。

おしゃれになりたいで検索した結果・・・、それじゃおしゃれになれませんよ笑

良く出てくるDcollectionさんとMBさん

おしゃれになりたいで検索すると良く出てくるのがDcollectionという通販サイトとMBさん(又はMBさんに教わっている人)。

この人たちに教わっておしゃれになれるのかな?ってのが私の意見。

Dcollectionさんではファッション初心者はおしゃれになれないという記事です。

確かに分かりやすいから人気なのはうなずける

この二つ、すっごいわかりやすいんですよ。

僕がファッション初心者だったら信者になってたかもしれません。

ですが、分かりやすさ=正しさではありません。
かなり分かりやすさのために様々なことを削っている印象です。

だから、僕がファッション初心者の時に、
出会わなかったのは運が良かったなと正直、思います。

一つの共通点は黒スキニー

MBさんの方はまだ最近は黒スキニー推しも弱くなったイメージですけどね。

ですが、検索結果で出てくるMBさんとそのファンやDcollectionさんの記事などでは、
いまだにお勧めしているからが多い。

黒スキニーではおしゃれになるの難しいです。ファッション初心者におすすめしません。

ですが現在、ファッション初心者に黒スキニーはお勧めできません。

なぜかというのは、長くなるので下の記事を読んでください。

黒スキニーでおしゃれになれるって本当?

Dcollectionがファッション初心者に黒スキニーをよくおすすめしていますが、その批判

もう一つ共通点はドレスカジュアル

その二つに共通して提案しているのがドレス:カジュアルを7:3という提案。

ドレス=スーツなどの大人っぽいアイテム(その基準もドレスという言葉から考えると、結構彼らの自分ルール感つよめ)
カジュアル=ネルシャツやパーカーなどのアイテム

として、そのバランスを7:3にしようという物。

ドレス要素、要するに大人っぽい要素を増やすことで、バランスを取ろうというもの。
まあ、おしゃれになりたいなら覚えない方が、後々楽だとは思いますよ。

少なくともこれだけでファッション初心者脱出というものではない

とりあえず、それを「理論」とよく言う人いますけど、
「理論」というには例外が多い。
「理論」はキャッチーな言葉ですが、
強い言葉過ぎてファッション初心者は後で混乱すると思います。

トレンドによっては間違っていたり、
ファッションのジャンルによっても違和感が勝ったり、
着る人のキャラによりけりだったり、
理論というにはおざなりな印象です。

ファッションの軸ってそれだけじゃないから、意外と後で苦労するよ

ドレスという言葉、どのアイテムがドレスかも、
結構、ご都合主義的です。
この概念自体、分かりやすさ故の罠っていうか。

そこから外れたファッションを見ても、
理解できなくなる人が多いんですよね。

それではまっちゃうと、その概念から外れたファッションを理解できなくなる人、
私も知ってますけど、多いんですよね。

そもそもファッションてこの軸だけじゃないんですよ。
カルチャー、ジェンダー、清潔感など結構軸ありますからね。

ちいさなテクニックの一つとしてならわかる。でもそれに依存してしまう人が多い。

ただ、経験に基づくコツであるとか、テクニックというなら分かります。

ですから、コツ、テクニック的なものとしての扱い方をしてあげれば、
ファッション初心者にとっても便利だとは思うのです。
もちろん、あくまでただのコツですから、
それに依存してはいけません。

それを主役級に、理論などと大層な看板掲げてやるから、
まだファッション初心者だけど、
これさえ守ればおしゃれと頭固くなってしまう方が出てしまうのです。
妄信的といいますか。

昔、私も「ファッション」とはこういう物だと頭固く考えてしまったことがあったのですが、
その間はファッションの地力として何一つ成長しませんし、ダサかったです。
だから、そういうのを信奉するのはもったいないなぁと思います。

7:3じゃドレス多いなとなる人が多いです。

確かに子供っぽいコーディネートって失敗しやすいです。
大人っぽく見せたほうが失敗しずらい。

でも、7:3というバランスだと、
うわぁ、キメてんなぁ、
という印象もできやすい。
ドレス:カジュアルの似合うバランスって人それぞれです。

なにより、そもそもご都合主義的なんですよね。

どんなコーディネートが7:3になっていて、
どんなアイテムがドレスか?という基準も、
そのアイテムをどう合わせると、
教えてる側にとって教えやすいかで、逆算的に決めている様に感じるんですよ。

MBさんとか革ジャンをドレスとカジュアルのハイブリッドアイテムと言ってみたり。
ドレスでなく緊張感って言ったら、まぁわかりますけど。

決めすぎファッションって脱オタファッションぽく見えます。

MBさんの影響もあるのでしょうか、
今までこの「ドレカジ」に沿ったファッションの方が増えました。
他にも色々理由ありますが。

でも、それ今見ると、7:3なのでちょっときめすぎに見えます。
昔の量産型大学生的ファッションとそっくりなのも問題。
いわゆる脱オタ感が出てしまっているのですよね。

そもそもおしゃれに見せやすいバランスってトレンドによって変わる

さらに、2019年現在終わりかけのトレンドではありますけど、
ストリートというジャンルのトレンドがあります。

それってカジュアル100%でもおしゃれに見せられたんですよね。

そういう時ってドレスとカジュアルのバランスも変わって、
カジュアルよりでもおしゃれに見せられます。
7:3だといわゆるきめすぎになってしまうでしょう。

この考え方、頭混乱するだけでは?

で、そうやってカジュアル100%でもおしゃれに見せられる場合、
街中にでて、
この「ドレスカジュアル理論」を頭に入れると、
実際はおしゃれな物をおしゃれなものとして把握できなかったり、
自分には合わないと思い込んでしまいます。

そうなった場合、頭が混乱するだけだと思うんですよね。
この「ドレスカジュアル理論」について批判を述べれば長くなりすぎるので、
ここらへんで止めておきます。

提案:いきなり7:3とバランスを取ろうとするのではなく、鏡を見て判断しよう

でも、「ドレスカジュアル」じたいコツやテクニックとして、
使う事は否定しません。

ですから、いきなり7:3を目指して服選びをするのではなく、
シルエットや色選びだけ意識して組みあわえて、
鏡を見て、子供っぽいなと思ったら、
デニムをスラックスに変えるなどしてみます。
その結果、こっちの方がいいなと思ったら、
スラックスにするということをするといいと思います。

確かにそれは面倒くさいかもしれませんが、
人によって、トレンドによって変わるファッションのバランスを把握するために、
初心者の間はちゃんと遠回りした方が結果として近道です。

もちろん着替えが忙しいというのなら、
いきなりバランスとりに行ってもいいと思いますよ。
その場合、6:4か5:5ぐらいがちょうどいいと思います。

ファッション初心者のうちは分かりやすい物って凄く魅力的だから、人気なのはわかる。だから気を付けよう。

僕はMBさんもDcollectionさんも分かりやすいなぁと思います。

人間って良く知らない物事に触れたとき、
分かりやすいけど短絡的なことと、
分かりにくいけど正しくてその人のためになることを比べて、
分かりやすい方を正しいと思う本能があるのですよね。
それこそ妄信的になりやすい。

だからこそ危険だなと。

僕の知り合いとか、お客さんで、
妄信的に信じてしまう人が多いのも仕方ないなあと思います。

だからこそ、僕はファッション初心者のタイミングで、
その二つに出会わなくて運が良かったなと思います。

改めて、なぜおしゃれになることがメンズにとっても重要か

おしゃれになりたいと思う男性自体が少ない、メンズファッション分野

おしゃれになりたい方がおしゃれになるための最も重要なことをお教えしましょう。
拍子抜けしてしまうでしょうが、
おしゃれになりたいと思い続けることです。

メンズファッションの世界は、そう思い続けられるだけで、
既に上の方にいます
自信を持ってください。

実はメンズファッション。
女性がファッションをちゃんと重視している事に比べて、
メンズファッションは男性に軽視されがちです。

おしゃれになりたいと思うメンズが少なすぎる。
私はパーソナルスタイリストをしているのですが、
お仕事をしていてもそう思います。

「おしゃれになりたいと思うだけでも、もっと素敵になれるのに。」
私はそう思っています。

おしゃれになりたいと女性から相談を受けることも職業柄多いのですが、
メンズの相談はプライベートでは少ない。

おそらくメンズファッションで悩んでるなんて女々しくて人に言えないという、
男の方も多いのでしょう。

でも、それだけでなく、メンズファッションへの関心じたいを持つ、
男の方が女性に比べて、事実少ないという現状も確かにあると思います。

でも、男にとってもメンズファッションを勉強して、
おしゃれになることってめちゃくちゃ重要です。

なぜなら・・・。

メンズファッションを勉強しておしゃれになることで、人生が変わる

「大きく出たな。」
と思う方もいるかもしれません。

でも、確かにおしゃれになりたいという夢を叶えたことで人生を変えてきた男性を、
私はパーソナルスタイリストとして沢山見守ってきました。

実際、彼らがおしゃれになりたいと思って、私のコーディネートを受けて、
おしゃれになった前と後では、
彼らの外見も周りからの評判も見違えるように良くなりました。

実際、男が外見を気にするのは女々しいとか、
外見より内面が重要という考えもあります。

おしゃれになりたいなんて気持ちを人に言える男の人なんて、
ほんの一握りでしょう。

だからこそ、心の中におしゃれになりたいという気持ちを持っている男性でも、
メンズファッションを勉強しておしゃれになるチャンスがないわけです。

でも、だからこそ周りの男を出し抜けるのです。
メンズファッションが男性に軽視されがちだからこそ、
おしゃれになることで周りの男からぐーんと差を付けることが出来るのです。

そうして、おしゃれになることで人生はまるで見違えます。

事実、人間の第一印象というのはほぼ、見た目で決まってしまいます。
どんなに実は話してみたら性格が優しくても、お金持ちでも、
見た目の印象で、この人は意地悪そうとか、ケチそうだという印象が決まってしまうのです。

そんな重要な外見を整える鍵であるメンズファッションを、
使いこなしている男性は少ないのです。

そんなメンズファッションを使いこなせる時点で、
いかに人生が変わるか、差を付けられるか想像に難くないと思います。

女性を食事に誘う、デートに誘うことが上手くいく、
逆に女性から誘われる、
友達から「最近おしゃれだよね。」と言われる、
そんなひとつひとつの場面で天と地の差がでます。

そうやって人から褒められる中で自分に自信がついて、
自信がついたことで頼りがいがあるように見られ、
さらにモテるようになる。

こうやって、ポジティブなループに突入して、
どんどん人生が変わっていきます。
メンズファッションを勉強しておしゃれになることって、
それだけパワーがあるんです。

でも、おしゃれになるなんて、無理だよと思いませんか?
そんなことはありません。

おしゃれになりたいと思えた時点でメンズファッションの才能がある

おしゃれになりたいと思えた時点で実は凄いこと

なぜなら、おしゃれになりたいと思えた時点で、
メンズファッションの才能があるからです。

先ほど繰り返し述べてきましたが、
メンズファッションに興味を持って、
おしゃれになりたいと思う男性は少ない。

メンズのパーソナルスタイリストをしてきて悲しくなるほど、
おしゃれになりたいと思う男性、少ないんです。

おしゃれになりたいと思う事が女々しいとか、
外見より内面を見て!と思う方が多いのでしょう。

そんなメンズファッション業界の中で、
おしゃれになりたいと思える時点で優れた少数派なのです。

言い換えれば、おしゃれになる才能がある男性なのです。

スタートラインさえ切れていない、周りの男の中で、
何歩も先を行っている。
それは凄いことですよね。

おしゃれになりたいという気持ちは自分を客観的に見ようとしているから

そもそも、おしゃれになりたいと思えずに行動に移さない男性と、
おしゃれになりたいと思って、自分を変えようとする男性、
どちらが自分を客観的に見えてますか?

おしゃれになりたいと思えた男性ですよね。
おしゃれじゃないという自分の欠点を認めて、
より魅力的になろうとしているのですから。

それって、自分を客観的に見れることって、めちゃくちゃ凄いことですよ。

過去の私は、おしゃれなんて女々しいとか、
外見より内面が重要だろと思っていました。

でも、それって今思えば過去の私は自分を客観的に見れていなかったのです。

だって、私ははっきりいって外見は良くないです。イケメンではない。
そんな私が少しも見た目を整える努力をしないで、
おしゃれなんて女々しい、外見より内面を見て!と思っていました。

そうやって外見を磨くことから逃れていました。

でも、性別を逆にして考えてみてください。
そんな女、選びます?

かわいくもない女がお化粧もせずにノーメイクで、自分を魅力的に見せようともせずに、
「外見で判断しないで!私の内面を見て!」
と言ってきたらどう思いますか?

はぁ?とおもいますよね。
お前、内面の自己評価高すぎやろ、と思いますよね。
もはや、地獄ですよね。

で、これを男女逆にしたのが、昔の僕。
僕はそんな態度を平然ととっていたわけです。
ただの、地獄ですよね。

これがいかに恥ずかしいことか考えてみればわかる事なのに、
昔の私は「ファッションなんて女々しい。」、
「内面を見て。」という態度をとってきました。

それがいかに自分に客観的になれてなかったか。

でも、そんな過去の自分みたいな男性、本当に多いと思います。

それと比べて、メンズファッションを勉強して、
おしゃれになりたいと思う事が出来ているあなたは、
めちゃくちゃすごいですよ。

パーソナルスタイリストの私が保証しましょう。
ファッションの才能があります。

余談ですが、先ほど例で述べた、
自分磨きもしないで「外見じゃなくて内面!」
と言ってくる女性は実際ほぼいません。

女性って皆さん当たり前のように努力なさっているのが、本当にすごいですよね。
逆に言えば、僕らオトコがいかにさぼってきたか。

おしゃれになりたいと自分磨きをすることを通して、
女性の気持ちが分かり、気を使えるようになることも、
モテる男のポイントだと思います。
だから、おしゃれな男性はなおさらモテるのでしょうな。

 

おしゃれになりたいならこのブログとメルマガをよみこんで

色合わせ、シルエット、トレンド

この三つについておしゃれになりたいメンズファッション初心者の方に向けて書いていきました。

この記事を読んだだけでも、
おしゃれになりたいという目標に相当近づいたと思います。

このブログではより実践的な記事、より深い考え方について、
他の記事で掘り下げていきます。

まあ、おしゃれになりたいなら、時間があるときに読んでみてください。

メンズファッションについてのメルマガもやっているのですが、
そこでは更に掘り下げて、ぶっちゃけちゃったりしてます。

おしゃれになるより実践的で再現性のある方法を掘り下げているのは当然として。

正直あのブランド評判いいけど微妙じゃね?とか。
あのブログ、嘘っぱち書いてるじゃん。とか。

ぶっちゃけ見つかって恨まれても損なんで、
私サイドとしては、あんまり読まれないに越したことのないメルマガです。

パーソナルコーディネートもおすすめだよ

ちなみに私、パーソナルスタイリストですから、
パーソナルスタイリングもしています。

ぶっちゃけおしゃれになりたい人にとって一番間違いないです。
私に直接教わるのが。

本当におしゃれになりたい方、
縁があったら試してみてくださいね。

 ==============================

 

お読みいただきありがとうございました。
スタイリストのちゅーやと申します。

 

実は今、僕の電子書籍を期間限定で無料プレゼントしています。

 

あなたは、街を歩いていて、
「今の人、おしゃれだね。」
とすれ違った女の子に言われてみたいな、
とか思ったことはありませんか?

 

昔の僕は、そんな事ばかり考えていました笑

 

でも、理想と現実はまるで違い、
当時の私は好きな女の子の前で服装をイジられて恥ずかしくて悔しい思いをしたり、
とにかくおしゃれじゃない事がコンプレックスだったんです。

 

そんな僕があるきっかけでおしゃれになり、
今やスタイリストやブランドのアドバイザーをしています。

 

女の子に話しかけるのでさえ緊張していた僕が、
今や逆ナンパを受けるまでになったなんて、
自分自身、信じられないものがあります。

 

何故ここまで変われたか?
その秘密がこの無料の電子書籍に詰まっています。

 

もうお金も時間も無駄もしない。
つまらないファッションブログなんて読む必要もない。

 

想像してみてください。
「なんで、そんなに急におしゃれになったの?」
って友人たちに言われるあなたを。

 

「いつも〇〇さんって、いつも素敵ですよね。」
って褒められる日常を。

 

僕自身の実体験ですが、
どんなに今ダサくても、モテなくても
ぶっちゃけ全部、すぐに実現可能です。

 

全てを最短距離で実現するために、
まずは、この無料の電子書籍を読んでみませんか?

 

今すぐ無料で読む

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です