高橋一生さんのファッションはなぜ「ださい」と言われてしまったか~芸能人の私服から学ぶ自分らしさとファッション指南~

写真週刊誌で報道されるスキャンダルがあるとみなさんはどこに注目しますか

ちゅーやはファッションオタクなのでどうしても芸能人の私服を見てしまいます。

その中で僕の目に人気俳優高橋一生さんのスキャンダル、森川葵さんとの交際が報道されましたが注目されたのは高橋さんの私服がダサいということ・・・。

https://matome.naver.jp/odai/2152032251331913201

まあ、僕は正直下手だなと思いますけど、そこまでダサいとは思わなくて、なぜこう思われているか?論理的に分からやすく説明しようと思います

そもそも男性のファッションは保守的

すごく思うことなのですが、
女性って男性に比べてファッションの感度が低いのに
異性のファッションにめっちゃ口出す人おおくないですか?(不満げ)

男性受けが悪いファッションは実際ありますし、着ている方もよく見ます。
僕自身はファッションを楽しんでいる女性に魅力を感じるので一般的に男性受けしにくいといわれるファッションも相当受けます。
しかし、まわりの女性のファッションに詳しくない男性も突っ込んで聞いたらああいうの好きじゃないと漏らすものの、普段言うようなことはない。

でも女性は結構いいませんか?
僕はそういう意見を勉強してお伝えする立場(でも気にしすぎはよくないと思っている)だからこそ面白く聞けるんですけどね。

で、根本的なイメージの差があるんですよ
男女で異性のファッションの。

具体的にいうとふファッションが純粋にすきで「異性モテ」とか気にせずに服を着る人がいる
男性は女性に対してかなり浸透していますね、このイメージは。

それが男でも女でも男のファッション=女性の評価を求めるツール
というイメージが未だこびりついてます。

だから、ファッション感度の低い女性でも男性のファッションは「私たちからの評価が全てでしょ」と意見がめちゃくちゃしやすいので、ここまで話題になったのです

女性芸能人が○○だせえ、という風に話題にならないのはそのせいでしょう。

個人的にはおしゃれすぎて女子受けしないレベルでしかもコミュ障(意外と多いです)の人がなぜかモデル級と付き合っているというのを見すぎて、そういった話は気にしすぎない方がいいと思ってますw

閑話休題、僕には高橋一生さんがファッションで自分のイメージを作りたいと思っている
それが他人のイメージとそぐわなかったということ、すり合わせる努力を怠ったこと(勝手な想像ですが)が大きな要因だと思っております。

しかし、とりあえずは

ファッションのテクニックからコーディネートをみる(難しいので是非読み飛ばしてくださいw)

上の写真を見てください

まあ、さっき下手だなと思ったとかいたのでポイントごとに書いていきます。
みなさんが着こなしを考えるうえで結構やくにたちますが・・・、

こんな考え方もあるんやなー程度で読み飛ばしてくださいねw

なぜなら、

僕のファッションに関する型を守ってもらえれば、こんなん知らなくてもおしゃれになれるんで

ちなみに着こなしは

大きめなキャスケット
ルイスレザーのライダース(着てたらわかってんなと思われやすいアイテムです)
くろのワイドパンツ
ウォレットチェーン(クロムハーツかもと)
ロングベルト(ぴろっとはみだしてる)
レッドウィングのブーツ

ぶっちゃけいいもん来てますよw

顔周りの合わせ

男性でもファッションによる小顔効果は重要です。
何頭身という以上顔の小ささでスタイルの良しあしがきまってきます。

顔周りに物が多いと目の錯覚で顔が小さく見える ので高橋さんのファッションはそういった意味では高い効果があります
ただファッションにとって体型をよく見せるということが最重要ではないのです(男性は勘違いしがち)

顔周りの物が増えると、シンプルにあやしく見えやすい

ここは理解してください。目だし帽かぶっている人見たら超あやしいですよね?
そのイメージにちかずいていきます

高橋さんはマスク、でかい帽子、襟の大きなジャケットと
(芸能人なので仕方ないですが)顔を隠しまくっています

マスクは必要として
例えば、ジャケットの襟がないタイプを選ぶとか、帽子のサイズを調整したり外したりしたら
明らかにすっきりするでしょう?

ゴリゴリ感を調節してあげよう

僕はファッションにおいて緊張感とレリラックス感という軸を提唱しています。
こちらは大原則と読んでもいい軸ですが

もちらん細かい軸があります。

その一つとしてゴリゴリ感というものがあります
直観的な言葉なので分かりやすいと思いますが

ライダースと金属製のウォレットチェーンとあのワークブーツて独特な不良感といいますか、ゴリゴリとした土臭さ男臭さがありませんか?
男性らしい武骨さ・・・、過剰になるのは避けてください

もちろん似合う人はいるのですが、ゴリゴリ感が強くなると人を選ぶようになるのです

ウォレットチェーン(バイク乗りが財布をなくさないようにつけていた)とライダースはバイカーというカルチャー的には相性がいいので、合わせてあげたい場合は軽やかな印象でやわらげてあげるのが定石ですね

ライダースのサイズ感

個人的には少しおおきいかなと思います。

芸能人の方の私服を見る際に袖丈をみると、その人がどれだけファッションを勉強しているか分かることが多いです。

高橋さんには少しこのライダースは大きいと思います。
そのおかげで上下少しゆるいサイズ感になってしまっているのです。

そうするとどうしても全体が重苦しく見えてしまいます。
その場合は素肌を見せる、特に手首や足首を見せてあげる
というのが定石です。すっきりして見えるんで

しかし高橋さんは大きなライダースを着て、ブーツもはいているため
そのテクニックもつかえません

装飾しすぎも良くない

高橋さんはロングベルトとウォレットチェーンと腰回りに二つのアイテムをぶら下げています

かざりすぎるとダサく見えるのがメンズファッションの宿命

腰に何かをぶら下げるというのは、あまり一般的には定着していないこと

それを二つもしているのは、はっきり言って失敗でしょう

ウォレットチェーンかロングベルト、どちらかにしましょう

裾と靴のボリュームの関係

これは難しんで、メルマガとか他記事でかきます

ただ、ワイドパンツとボリュームがあって丸みのある靴を合わせる際には工夫が要ります

レッドウィングという高橋さんが履いている靴はその筆頭ですね

 

ただ高橋さんは上質な服をお召しになっています
テクニック的にここまで詰めていきましたができてなくても「ダサい」と言われるほどではないと思います
何よりの問題は・・・

他人からのイメージとしたいファッションのすり合わせが出来ていなかった

高橋さんの場合は芸能人なので特殊です
はっきり言って一生合わないであろう人に勝手なイメージを抱かれる(厳しいw)

高橋さんはメディアに露出する際、上の写真の様な
「爽やか好きの性癖が詰まったような服」
を着ることが多いです

一時期女性の求めるメンズファッションの勉強のために女性ファッション誌と女性用の漫画を研究したことがあるのですが
カーディガン+シャツの登場率は多いですw
ただ意外とコツのいるスタイリングなので推奨はしません!

僕も「爽やか厨の性癖が詰まったような服」を着ることは多いですが
自分はこうだというイメージがしっかりある男性にとって
「毎日、他人の求めるイメージを着て過ごす」
って意外とつらいです。

高橋さんもひとりの男性です
ひとりの男性として高橋さんは

男らしくみられたい」

という願望があるのでしょう。
むしろとても強い・・・。

僕は私服から高橋さんの
内面の「やわらかい部分」覗けた様な気がして少し好きになりました。

ですが社会的な自分のイメージと自分がなりたいイメージを近づけることはできます
そしてそういった服は精神的に最高の着心地があるものなんです

例えば高橋さんのライダースをコットン生地のライダースにしてあげる、柔らかい生地かつ色の選択肢も増えます
ライダースの前は開けてあげる
ロングベルトとウォレットチェーンはどちらかにしてあげる
白のスニーカーを合わせてあげる

こうすると男らしさもある程度維持しながら爽やかさや柔らかい印象をもたらしてくれます

このようなことを考えられるようになる記事を今後たくさん投稿していきます!

お楽しみに!

まとめ

この記事をかいていてやっぱりファションって面白いなと思いました

あったことのない人の内面を感じれたというか

これから僕は高橋さんのことをテレビでみたらチェックするような気がします。女性からファッションがダサいと言われたことのあるもの同士のシンパシーといいますかw

ただ高橋さんいい服着てますよ

高い服を着てもそれが正しく着れるかはちがうことはわかりましたよね。大事なのは知識です。

ファッションは知識で変われます。一瞬で僕は変われましたから。

ありがとうございました!

 

 ==============================

 

お読みいただきありがとうございました。
スタイリストのちゅーやと申します。

 

実は今、僕の電子書籍を期間限定で無料プレゼントしています。

 

あなたは、街を歩いていて、
「今の人、おしゃれだね。」
とすれ違った女の子に言われてみたいな、
とか思ったことはありませんか?

 

昔の僕は、そんな事ばかり考えていました笑

 

でも、理想と現実はまるで違い、
当時の私は好きな女の子の前で服装をイジられて恥ずかしくて悔しい思いをしたり、
とにかくおしゃれじゃない事がコンプレックスだったんです。

 

そんな僕があるきっかけでおしゃれになり、
今やスタイリストやブランドのアドバイザーをしています。

 

女の子に話しかけるのでさえ緊張していた僕が、
今や逆ナンパを受けるまでになったなんて、
自分自身、信じられないものがあります。

 

何故ここまで変われたか?
その秘密がこの無料の電子書籍に詰まっています。

 

もうお金も時間も無駄もしない。
つまらないファッションブログなんて読む必要もない。

 

想像してみてください。
「なんで、そんなに急におしゃれになったの?」
って友人たちに言われるあなたを。

 

「いつも〇〇さんって、いつも素敵ですよね。」
って褒められる日常を。

 

僕自身の実体験ですが、
どんなに今ダサくても、モテなくても
ぶっちゃけ全部、すぐに実現可能です。

 

全てを最短距離で実現するために、
まずは、この無料の電子書籍を読んでみませんか?

 

今すぐ無料で読む

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です