セレクトショップを9割の人が上手に使えてないって話

世の中には様々なセレクトショップがあります

ビームス

ユナイテッドアローズ

アーバンリサーチ

ステゥディオス

シップス

エディフィス

アメリカンラグシー

ジャーナルスタンダード

などなど・・・。

まあ、知らねえよって人がほとんどなんじゃないでしょうか?
それも無理もありません。

お店に行ったことがある人ですら
「セレクトショップ」を使いこなせていないのですから・・・。

一方、僕はセレクトショップを情報収集のツールとしても使っているぐらい
セレクトショップが大好きです。

今回は僕がスタイリングにも使う
セレクトショップの上手な買い物の仕方を解説いたします。

そもそもセレクトショップは気軽に行っていいお店ですよ

みなさんはセレクトショップに行く際に少し緊張したりしませんか?

「ああ、こんなお店は自分にはハイセンスすぎる」
「自分の格好じゃ店員さんに馬鹿にされるんじゃないか?」

気持ちはわかりますが・・・、
断言しましょう!

「無用な心配です!」

そもそもセレクトショップって気軽に行くためにあると思うんです。
できる限りファッション初心者の方も「すこし高いけど、ぐんと物がいい」
物を手に取って、中途半端なもので消耗しないように
店員さんが商品の知識をつけてくれています。

セレクトショップは一見中に人が少ないように見えるお店でも
コンスタントお客さんが入ってきていて、中には全然おしゃれじゃない人も
普通に来ます!

まあ、そういう人は勇気があるので遅かれ早かれおしゃれになりますけどね。

ただ僕が言いたいのは

「ダサイ人なんて普通に来ますから、気にしないで。」
「そういう人が置いてある服高い!と思ってるのは内心わかってるし、
試着勧めるのはそれ承知の上だから、前々試着して!」

ということです!

高いなーと思っている人が試着してみて
「これは違う!」
と思って、買ってくれたり、”その場で買わなくても”再来店して買ってくれたりするので

試着してくれるだけでうれしいものです。
だから「服屋に行く服がない」なんて言ってちゃいけないですよ!w

セレクトショップは得手不得手があることをちゃんと理解しよう!

まず、みなさんはセレクトショップの意味って考えたことありますか?
それを考えたうえでセレクトショップに行くか行かないかでは

かたやおしゃれさん、かたや量産型大学生
程度の違いがあります。

セレクトショップの意味・・・、それは

「世の中の数多ある服をプロの目線で選んで絞って提供する」

これです。

えっ、超便利じゃん?って思いません?
でも、あなたはおそらくそれを実感してないよね?

理由があります。

1つ、「プロの目線」のテイストを理解していないから
2つ、セレクトショップオリジナル品がどうしても似通うから

ファッションって色々なテイストがあります。
フランス風だったり、アメリカ風、イギリス風・・・、
実は日本風もあります(和服という意味でなく・・・。)

ちなみにちゅーやは人に着こなしを提案するという立場上、
全部着こなせはするんですけど・・・、
初心者にはイギリス風とフランス風がおすすめかなぁ。

セレクトショップにはそういった風に「選ぶもの」のテイストがあります。
ですが、それを理解しないでお店に来る方も多く・・・。

「商売のためにどうしても得意じゃないテイスト」のものを
扱うことがあります。

だからそのお店のテイストを理解して「得意なものだけ買う」のがコツです
後で各セレクトショップの大まかな特徴について書いておきます

実はセレクトショップオリジナル品が似通うのも同じ理屈で
各々のセレクトショップが得意なことを無視してファッション初心者にうれるもの
を作ってるからなんです!

他にもいろいろありますが・・・、愚痴になっちゃうんで。

じゃあ、大手セレクトショップ特徴についてまとめていきましょうか!

ユナイテッドアローズ
ちゅーやが一番好きなセレクトショップ。ただ中の人に天才が多すぎて、いろんなテイストのレーベルをやっている。ユナイテッドアローズはドレススタイルやきれいめスタイルにイギリスの感性やアメリカのユニークさを加味したテイストが得意。でも店によってテイストも違う(六本木店は比較的イタリア風が得意など)
一番おしゃれな人にこたえている、個人的な愛もありユナイテッドアローズだけで何記事もかけてしまう。

ビームス
アメカジは得意です。ストリートもいけますね
インターナショナルギャラリー(モード)やビームスF(クラシックなテイスト)を除き、すがすがしいほどアメカジが得意。個人的には初心者にはお勧めしないが、ぜひお客様と行きたいショップ(ちゃんと買い物し甲斐があるショップ)

ジャーナルスタンダード
アメカジ。個人的には原宿店の地下のテイストが好き。
オルテガなどをたまにあつかってくれて個人的にうれしこ
ジャーナルスタンダードリリュームはきれいめストリートって感じかな。
リリュームのオリジナル品はなんだかんだでコスパがいいものが多い気がする。

アダムエロペ
フランス風かな。アニエスとかおいてあるよ!
もう少しセレクト品を増やしてほしい
昨今のトレンドもありストリートのものを扱ってもいるけど、ちゃんとフレンチで勝負できる
みなさんはフレンチなものをえらんでちょ❤

エディフィス
フレンチ
意外と面白いものも置いてあるよ

studious
あえて言うなら日本風?ただ、そうとも言いにくい
網羅性の高さが売りなので僕の記事を見て買い物にいくと混乱しにくくていいと思う。

シップス
きれいめ系というか、正直あまり行かない
トラッドかおるきれいめカジュアルというのがテイストかなあ?

この様に各々のお店のテイストを理解できると
本当にセレクトショップの得意なものが見えてくる

そのテイストにあうものを買うことがあくまでもコツですよ!

 ==============================

 

お読みいただきありがとうございました。
スタイリストのちゅーやと申します。

 

実は今、僕の電子書籍を期間限定で無料プレゼントしています。

 

あなたは、街を歩いていて、
「今の人、おしゃれだね。」
とすれ違った女の子に言われてみたいな、
とか思ったことはありませんか?

 

昔の僕は、そんな事ばかり考えていました笑

 

でも、理想と現実はまるで違い、
当時の私は好きな女の子の前で服装をイジられて恥ずかしくて悔しい思いをしたり、
とにかくおしゃれじゃない事がコンプレックスだったんです。

 

そんな僕があるきっかけでおしゃれになり、
今やスタイリストやブランドのアドバイザーをしています。

 

女の子に話しかけるのでさえ緊張していた僕が、
今や逆ナンパを受けるまでになったなんて、
自分自身、信じられないものがあります。

 

何故ここまで変われたか?
その秘密がこの無料の電子書籍に詰まっています。

 

もうお金も時間も無駄もしない。
つまらないファッションブログなんて読む必要もない。

 

想像してみてください。
「なんで、そんなに急におしゃれになったの?」
って友人たちに言われるあなたを。

 

「いつも〇〇さんって、いつも素敵ですよね。」
って褒められる日常を。

 

僕自身の実体験ですが、
どんなに今ダサくても、モテなくても
ぶっちゃけ全部、すぐに実現可能です。

 

全てを最短距離で実現するために、
まずは、この無料の電子書籍を読んでみませんか?

 

今すぐ無料で読む

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です