【モテるための努力】女性は男性の三倍以上も身支度に時間もお金も使ってるのに、モテ男を目指すのにそれでいいのか?

どうもメンズファッションブロガーのちゅーやです
今日は世の男性に

女性を意識したファッションを教えるために
ブログを書いています

女性は男性の三倍身支度に時間を使っている
これはとても控えめな表現です・・・。

じゃあ男性は、
メンズファッションはこれでいいのか?
おしゃれになるにはなんてめちゃくちゃ考えています

そんなパーソナルスタイリストの思考を公開します

僕の体感としては世の女性は男性の五倍はファッションに気を使っている

こちらのサイトを紹介いたします

https://www.vogue.co.jp/videos/beauty/VJ103-BeautySelection-2017-TheTimeItTakesToBeAWoman
https://www.vogue.co.jp/videos/beauty/VJ103-BeautySelection-2017-TheCostofBeingaWoman

リンクを見ていただいてない方にご紹介すると・・・、

女性は男性に対して莫大な時間とお金をファッションに費やしている
という動画です

日本で男女を比べると実はこんなものじゃなくて
僕の体感としては
五倍以上、少なくともと。
頭が下がる思いがして、マジで。

女性は迷ってたり考えたりする時間も男性よりずっとあって。
女性の「当たり前」の水準は男性よりはるかに高い

ただ、これを男女差別だとかに
つなげるつもりはないです。

ただ、言い換えさせてください。

女性は男性の何倍も時間もお金も使って「くれて」いる。

感謝するべきものです、男性として。
なら、僕たち男性はメンズファッションの当たり前を
「信じていいのか」

女性の半分も努力しないでおしゃれになれるのにそれもしない・・・

もちろん、ちゅーやは服に関しては
女性に対してアドバイス余裕ですよ!

やすくておしゃれになるとか
プチプラとか
ミニマリストとか
簡単におしゃれな着こなしとか

普通に女性向けのブログ立ち上げたいですね!

でも、世の男性のファッションレベルは
ぶっちゃけ女性に比べてミジンコみたいなものです(もちろん化粧が強すぎて)

女性のせめて半分、ファッションを気にしたら、
はっきり言って男性の中では勝てますよ!

しかし、簡単に達せるそのレベルにほとんどの男性がいない!
超!嘆かわしいです

ファッションって究極、内面です。

女性に努力していただいから、女性に自らの価値を提供しよう!
少しでも喜ばせよう!
そう思える内面が、そもそも「おしゃれ」なんです

結局ちゅーやが伝えたいファッションの姿勢

僕は世の男性の

「ファッションなんて!内面を見てくれ!」

ってそもそも矛盾していると思うんです。
だってファッションを気にしてかっこいい、かわいい自分になることって
相手にとってのサービスであり、相手を思う気持ちの表れなんですから。

だから、この記事を読んだ男性には、ファッションが難しいと思うことがあっても
そこで、ぐっとこらえ努力する。女性はもっと努力しているんだ!

そう考えがいたる
「内面の格好良さ」を身に着けてほしいです

 

 ==============================

 

お読みいただきありがとうございました。
スタイリストのちゅーやと申します。

 

実は今、僕の電子書籍を期間限定で無料プレゼントしています。

 

あなたは、街を歩いていて、
「今の人、おしゃれだね。」
とすれ違った女の子に言われてみたいな、
とか思ったことはありませんか?

 

昔の僕は、そんな事ばかり考えていました笑

 

でも、理想と現実はまるで違い、
当時の私は好きな女の子の前で服装をイジられて恥ずかしくて悔しい思いをしたり、
とにかくおしゃれじゃない事がコンプレックスだったんです。

 

そんな僕があるきっかけでおしゃれになり、
今やスタイリストやブランドのアドバイザーをしています。

 

女の子に話しかけるのでさえ緊張していた僕が、
今や逆ナンパを受けるまでになったなんて、
自分自身、信じられないものがあります。

 

何故ここまで変われたか?
その秘密がこの無料の電子書籍に詰まっています。

 

もうお金も時間も無駄もしない。
つまらないファッションブログなんて読む必要もない。

 

想像してみてください。
「なんで、そんなに急におしゃれになったの?」
って友人たちに言われるあなたを。

 

「いつも〇〇さんって、いつも素敵ですよね。」
って褒められる日常を。

 

僕自身の実体験ですが、
どんなに今ダサくても、モテなくても
ぶっちゃけ全部、すぐに実現可能です。

 

全てを最短距離で実現するために、
まずは、この無料の電子書籍を読んでみませんか?

 

今すぐ無料で読む

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です